読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

スタンディングより指定席派

UNISON SQUARE GARDENとアイドルが好きな大学生のブログ

映画をね、観たんです



といってもHuluでなんですけどねん




観た映画はこちら。


桐島、部活やめるってよ

f:id:megane0311:20160217112519j:plain



2012年に公開されたこの映画。

公開当初は僕はまだ中3かな?

その時はタイトルだけ見てただ単純に

「なんだこの映画?気になる」程度だったけど、最近Huluに追加されたようなので観てみたってわけです。




登場人物


前田 涼也

f:id:megane0311:20160217113233j:plain

高校にクラスに1人はいたであろう弱々しいスポーツが苦手である特定のジャンルに愛が溢れているいわゆるオタクのような映画部の監督。


東原 かすみ

f:id:megane0311:20160217114853j:plain

バドミントン部員。前田 涼也とは中学からの同級生。


沢島 亜矢

f:id:megane0311:20160217114924p:plain

吹奏楽部の部長。密かに菊池宏樹に片思いを寄せている。


菊池 宏樹

f:id:megane0311:20160217115316j:plain

野球部の幽霊部員。桐島の親友。カッコよくてスポーツもでき、女子から人気がある。


宮部 実果

f:id:megane0311:20160217115548j:plain

かすみと同じバドミントン部員。姉を事故で亡くしている。(個人的にこの子大好きすぎる。自分の姉は県でベスト4であり、なかなかバドミントンの腕が上がらない自分と照らし合わせる姿がとても切ないのである)


飯田 梨紗

f:id:megane0311:20160217120134j:plain

桐島の彼女。中学の頃大学生と付き合っていた、と噂が出るほどの納得のルックス。


野崎 沙奈

f:id:megane0311:20160217120539j:plain

宏樹の彼女。簡潔に言えばすごくチャラチャラしている。とても意地が悪い。


寺島 竜汰

f:id:megane0311:20160217121101p:plain

帰宅部。しかしパーマをかけていて常にイケてる感じ。


友弘

f:id:megane0311:20160217121823j:plain

竜汰と同じイケてる帰宅部。バスケが好きだがバスケ部に入るまでではない。




この映画、登場人物1人1人の細かい仕草やセリフ、痒いところが1つもないんです。

クラスの中心の女子と常に喋り、イケイケな学生とそうでない学生の差も描かれていて、実に忠実だなぁと感じます。


しかし、イケてない学生はそんなことないのです。前田のような学生でも、映画部という居場所があり、映画作りが好きな仲間と共に自分たちで映画を作るこの青春。とてもキラキラしてるのです。



物語は桐島というバレー部員が部活を辞め、おまけに姿を消した際の周りの変化を描いています。

桐島と直接関係のあった宏樹や梨沙、宏樹と梨沙の友達である沙奈など間接的関係でも桐島という人物が姿を消したことによる影響がじわじわと大きくなる感じがたまらんのです。。。




ちょこちょこ好きなシーンがあるので少し話します。ネタバレなので注意!




僕が1番スゲー!って思ったシーンが、かすみと竜汰のミサンガ事件。

この事件の話に入る前に前置きさせて下さい。


前田とかすみは中学が同じで、たまに言葉を交わす関係であったが、ある日前田が映画館に行った日、たまたまかすみも同じ映画を見ていたのです。

映画のあと、前田はかすみにコーラを奢り、前田は午後の紅茶のミルクティーを買います。

かすみはコーラをもらったあとベンチに座り、前田が座るスペースを作るが前田は座らない。そう、座らない!そして前田はマニアックな映画のトークをし始めちゃう!かすみは(あ、座らないのね)といかにも思ってそうな表情をしながら空いたスペースにまた戻る。

このマニアックな映画トークをしたあと、かすみはすぐさま帰るわけだが、オタクな前田からしたら

女の子と同じ映画を見たあと2人で喋った

という事実が嬉しくてたまらないのでしょう。ミルクティーを一気飲みする。この一気飲みたまんないね。すごくニヤニヤしてるんだもん、前田。多分その日に観た映画を後日レンタルとかして観たらこのベンチの出来事を思い出して足バタバタさせるんだろうなぁ。


話を戻します。

放課後教室に台本を忘れた前田は急いで教室に戻るが、そこにはかすみの姿が。

映画館で会った後のため、前田はぎこちない表情で自分の席に向かうのだが、その向かうところを映すカメラワークでかすみの前に座っていた人物が映るのです。竜汰でした。2人はお揃い(?)のミサンガを付けあっていた… 前田はもちろんその現場を目の前で目撃したあと自分の席に向かうのだが、なんせ映画館で会った日の後であるため、内心焦りまくりであろう。


え、僕かすみちゃんと2人でいい雰囲気(自分ではそう思っている)で話したのに竜汰くんと付き合っているの!?


と思っているはずなのにただ無心で台本を手に取り素早く教室を去る前田なのであった。


このシーンの何がスゴイかというと、竜汰を映す際のカメラワークがスゴイ。


前田が教室に入ってくる→かすみの後ろ姿越しにカメラで前田を映す→前田が席に向かう→カメラがそれをかすみの後ろ姿越しのまま追う→かすみの席の机の上にはもう1人の手→竜汰が映る。


映画を見ているのに、まるで教室の隅でその様子を見ているかのようでした。思わず ええーっ!と叫んでしまうシーンでしたね。





そしてそしてラストのシーン。

ここで前田と宏樹は初めて喋ります。

前田は8mmカメラを手に、宏樹をインタビューする形で

「やっぱりカッコいいね。」

と宏樹に言います。


すると宏樹は「俺はいいって…」と涙を流すのです。

涙の理由を自分なりに考えました。


以前帰宅部3人組(宏樹・竜汰・友弘)でバスケをしている時、宏樹は

できるやつは何をやってもできる、できないやつは何をやってもできないんだよ

と言いました。

宏樹はスポーツなんでもできるため、このような言葉を口にしたのだと思います。

野球部の幽霊部員ではあるが、キャプテンに次の試合出てくれよ、と頼まれるほどです。しかし宏樹は顔を出しません。

しまいには 応援だけでもいいからさ、と少し柔らかい言い方にされます。その会話のとき、3年生のキャプテンが引退しないのを疑問に思った宏樹はなぜ引退しないのか聞くと、

スカウトとか何も来ていないけど、ドラフトが終わるまでな。

と言うのです。


映画部のみんなと何か1つに一生懸命になっている姿を見て、自分は幽霊部員なのにキャプテンはまだ野球を続けているのを見て、自分がなにもやっていないことに気づき一気に今の自分が不安になり疑問を抱き涙を流したのだと思います。

映画の最後の最後に、この映画の中で宏樹が思っていた全てが詰まったラストシーンなのです。すごく綺麗な終わり方だと思います。



沢島亜矢の片思いの話もしたいのですが、長々と書いてしまいそうなので、是非映画を見てもらいたいと思います。



自分、男ですが神木隆之介君のファンになりました。SPECも良かったですし、ますます好きになりした。